繊細なバランス感覚で保たれる【自律神経失調症を改善する】

微笑む女性

画期的な新技術

病棟

次世代のがん治療として、免疫療法が注目されています。中でも免疫チェックポイント阻害療法は、うまく条件が合えば少ない副作用でがん細胞の縮小が実現できます。高い効果を発揮するにはさまざまな条件があり、遺伝子変異が大きいタイプのがんほど効果が期待できます。

読んでみよう

神経の疾患を学ぼう

	女性

原因はストレスです

自律神経失調症は、ストレスが原因として有力視されていますが、喫煙や更年期障害などのホルモンバランスの異常でも発症する疾患です。近年、日本においては鬱病患者が増加し続けています。原因はストレスと考えられることが多く、社会全体でストレスが増大しているのなら、自律神経失調症は鬱病に比例するように増加していくことが予測されます。自律神経失調症は、通院する場合、症状のみ見るならば内科を選択しそうです。しかしこれは神経の疾患ですから通院は心療内科か神経科になります。心療内科は自律神経失調症の症状の中でも、うつ症状が出現した場合に選択します。近年、心療内科医の数は増加しています。そのため治療環境としては、医師に恵まれた疾患といえます。

神経のバランスが問題です

自律神経失調症とは、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態になってしまう疾患です。これらの神経が乱れるということは、その元締めに当たる視床下部も乱れることになり、これは視床下部に関連する辺縁系も乱れることになります。辺縁系は感情を司る脳の部位ですから、感情のコントロールが不安定になり、うつ症状などを発症します。繊細なバランス感覚で保たれているのです。症状としては、交感神経由来のものと副交感神経由来のものがあり、例えば不眠症は睡眠時に活性が必要な副交感神経の働きが乱れることで覚醒してしまい発症します。治療としては対症療法が基本で、うつ症状には抗うつ薬などの精神薬が処方されます。また、漢方が以前より日本では治療に広く使用されています。

肥満気味の人は注意を

看護師

睡眠時無呼吸症候群は自分では気が付きにくい病気であり、いびきがうるさいと言われたことがあり強い眠気に襲われているという人は一度病院きちんと検査を受ける必要があります。肥満気味の人に多いとされていますが、他の原因であることもあるので自分に合った方法を選ぶことが大切です。

読んでみよう

喉仏の下にある重要な臓器

女性

甲状腺はのど仏のすぐ下にあって、人間が活動するために必要な臓器です。甲状腺ホルモンを分泌して身体の発育を促進し、新陳代謝をよくする働きをします。ただしホルモンの量が多くても少なくても身体に異常がでます。甲状腺を正常に保つにはストレスや食生活に注意する必要があり、適度な運動をするのも大事です。

読んでみよう