Housing Tools

お礼として贈る内祝い!相手に気持ちよく受け取ってもらうには?

プレゼント

内祝いとは?マナーをきちんと理解しておこう!

結婚式を予定している人や、お子様を出産した人は、多くの人にご祝儀を頂くので、感謝の気持ちを伝えるために内祝いギフトを贈りましょう。内祝いのギフトは、お祝いを受け取ってから、遅くても一か月以内に届くように配慮して下さい。

贈り物

内祝いに最適な商品を見つけよう!選び方の極意

様々な場面で内祝いを行うことがありますが、食品を送る時は賞味期限の長いものにしましょう。何を送って良いか悩んだらカタログギフトがおすすめです。受け取った側が好きに商品を選ぶことができるのです。

内祝い

内祝いのタブーを知ろう【事前にしっかりチェック】

内祝いとしてお祝いのお返しをする際には、相手に感謝の気持ちを伝えると共に相手に喜んでもらえる物を選ぶ必要があります。内祝いを返す相手とどのような関係性でも、相手に失礼の無いようにする事が大切でありマナーをしっかり守る事が重要です。

女性

内祝いにお米が選ばれる理由とは?人気のワケが知りたい!

貰ったお祝いに対して内祝いを返す場合には、相手がもらって喜ぶものを渡したいです。年齢に関係なくみんなが喜んでくれるのはお米です。そして、お米を内祝いとして贈る場合は、できるだけ名の知れたブランド米が良いでしょう。

内祝い

内祝いにかかる費用をチェックしておこう!

内祝いは、目上の人から沢山の金額をいただいたとしても、お返しの金額としては三分の一の金額でよいとされています。しっかりと相手に感謝の気持ちを伝えるため、返礼品を選ぶときには、相手が喜んでくれるものをじっくりと探すことがお勧めです。

レビュー

夫妻と女性

私たちはこうやって内祝いを選びました!利用者の声

内祝いを送る時には、相手の事を考えて商品を選ぶと喜んでもらえるので、何を送るかを考えましょう。お米などであればもらって困る物ではありませんので、選択肢の一つとして考えてみましょう。

内祝いを贈るならマナーを守ることが大切!

内祝い

内祝いを贈る際は、マナーについてしっかりと学ぶ必要があります。マナーを守れずに相手に贈ってしまうと失礼にあたることがあるからです。特に気をつけた方がいいのが、金額や届け方です。内祝いの金額は、いただいた品よりも効果なものにならないようにしましょう。だいたいの相場は1/3ではありますが、相手に合わせて1/2相当の内祝いを贈るという方もいます。相手によって金額を変えることも大切ですね。それから届け方にもきちんとこだわりを持ちましょう。普通に品物を贈るだけではいけません。お礼の言葉を添えることが大切です。きちんとメッセージを書き、感謝の気持ちを伝えましょう。また、包装にも気をつける必要があります。内祝いの品はのしがなければいけないので、忘れずにつけるようにしましょう。のしやメッセージカードを一緒に贈ることで、相手に何の贈り物なのか伝えることができます。そして内祝いを贈る場合は、もらってから1ヶ月以内に贈るようにしましょう。