HOME>オススメ情報>内祝いとは?マナーをきちんと理解しておこう!

内祝いとは?マナーをきちんと理解しておこう!

プレゼント

内祝いの相場に気をつけよう

結婚を予定しているカップルや、お子様が産まれた人は、親戚の人や職場の人、友人などにご祝儀を頂いた人がほとんどです。お祝いを頂いてから、2、3週間以内に感謝の気持ちを込めて、内祝いのギフトを贈りましょう。若い年代の人は、内祝いの相場を知っておく必要があります。受け取った金額の半額か、3分の1ぐらいの金額の商品を選んで下さい。出産の内祝いギフトには、子供の体重と同じ重さのお米や、日持ちのするお菓子、バスタオルやフェイスタオルのセットなど、実用的ですぐに使ってもらえる商品がお勧めです。相手の好みがよくわからない時は、好きな商品を選んでもらえるカタログギフトも人気があります。お返しの相場を知っておくと、最適な商品を見つけやすいです。

祝儀と風呂敷

内祝いのタイミングを逃さない

お子様を出産する予定のある人は、産後は体調が優れない時もありますし、結婚式を挙げた人は、新婚旅行を計画している人も多いため、早めに内祝いのギフトを用意しておく必要があります。お祝いを受け取ってから、遅くても一か月以内にギフトが届くように配慮したいです。以前はデパートや百貨店で商品を注文する人が多かったですが、現代は多忙な人が増えているため、郵送で届いても失礼には当たりません。インターネットの専門店を利用すると、24時間いつでも注文ができるので、注文をしてから、発送までの手続きが速いお店を選ぶと安心です。丁寧に梱包をしてくれますし、お礼状なども添えてもらえます。共働きなどで忙しいご家庭に食品を贈る時は、賞味期限の長い商品を選んであげると良いでしょう。