繊細なバランス感覚で保たれる【自律神経失調症を改善する】

病院

画期的な新技術

病棟

がん細胞縮小の効果

副作用の大きい抗がん剤に替わって、免疫療法が次世代のがん治療を担う可能性が出てきました。さまざまな免疫細胞を使った方法の研究が進められていますが、中でも画期的な新技術として注目されているのが免疫チェックポイント阻害療法です。免疫療法は全般に、患者自身が本来持っている免疫力を高めてがん細胞を攻撃させるようにする方法です。免疫チェックポイント阻害療法は免疫細胞の攻撃力を無理に加速させるのではなく、むしろブレーキを解除する方向に働きます。がん細胞の中には免疫細胞の攻撃力にブレーキをかけられるものがあって、そのためにこそ増殖し発病に至ります。このブレーキを解除できれば、患者自身の免疫力でがん細胞を効率よく破壊することが可能になります。

高い効果を発揮する条件

一部の皮膚がんや肺がんに対しては、この免疫チェックポイント阻害剤が大きな効果を発揮しています。腎臓がんやホジキンリンパ腫にも効果が期待されており、卵巣がんや乳がん、胃がんにも効力を発揮できるよう研究が進められています。一方では大腸がんや膵臓がん、前立腺がんに対しては効果が発揮しにくいと言われていますが、条件次第では効く可能性もあります。一般に遺伝子変異が大きいがんほど、この免疫チェックポイント阻害剤が高い効果を発揮するのです。大腸がんなどは遺伝子変異が比較的小さいと言われていますが、患者の体質によっては遺伝子変異の大きいタイプもあります。免疫療法の中にはすでに多くの病院で取り入れられている方法も少なくありません。今後研究が進むことにより、免疫チェックポイント阻害療法も免疫療法の主流となる大きな可能性を秘めているのです。